2017年7月7日の検査で転移性膀胱癌S4を告知され、あらゆる療法を取り入れ、2018年2月の検査で寛解。現在は経過観察に入った近藤徹氏を取材。近藤氏は静岡にある訪問介護、デイケアサービス、整骨院を経営される経営者であり、柔道整復師、鍼灸師の先生を現役でやられている。ライフデジタルは発覚後すぐに始め、現在も欠かすことのない伴侶になっているとの事。

小川陽吉責任編集

2018年7月23日 近藤さんから私宛にとても嬉しい写真とメッセージが来ました。
「おはようございます!昨年は7月7日に癌が見つかり、7月17日の夏目ダンスパーティーの翌日 入院し19日に手術してから1年が過ぎ ました。今年も夏目ダンスパーティーで踊る事が出来 生きている証を感じる事が出来ました。デモでワルツとタンゴを踊りました。1組で踊る事は少し緊張しますが楽しいですね。世界ラテンファイナリストのスペシャルゲストの踊りも見ることも出来 楽しかった。

2018年9月21日 南インドへ”ワクワクホリスティック旅行中”と近藤さんからLINEが来ました。