医療法人社団誠敬会 吉野敏明会長を取材。ドイツなど海外では数千というオーダーで多くの医療従事者が扱う、量子波動装置”バイコム”を小川自身が体験した内容が中心。まだ日本の医療現場では珍しい高級な装置が誠敬会クリニック銀座にある。また、会長のプロフィールは前編で紹介しているので、前編からご覧になる事をおすすめする。私小川は、一般的な健康診断を5年以上受けていない。代わりに今回のメタトロンはじめ、バイオレゾナンス系のスキャにイングマシンを年に何度か受けてきて、その手の装置に信頼をおいている。今回具体的な患者の症例と治療効果をみるのは初めてだ。何れにせよ、このような波動医学がまだまだ日本ではマイナーだがいずれメジャーになると思っている。

誠敬会クリニック銀座
http://www.seikeikai-ginza.tokyo

小川陽吉 責任編集