前回2回目は関節炎の患者さんのご協力をいただき、今回3回目は木村弁理士が第三者として実験を見学。前回同様実験主導は加藤医師。レヨコンプ 測定を杉山医師がご担当。
クローバーを検体に、同種、同じ土壌の中でも、地下茎の繋がりの有無の違いについて測定した。固有の周波数は遠隔の個体でも共鳴するが、兄弟親戚というように範囲を広げるとどうなるか?

小川陽吉責任編集