世間に多く存在する”波動グッズ”、効果が高いほど地場の悪い影響を受けやすく、劣化する。劣化に対して浄化を研究中。同時に紋様の波動も計測中。足立郁朗先生のアトムの図からメタトロンキューブ、そして現在のところもっとも浄化作用があるのは「フラワー・オブ・ライフ」だったことを実験で証明。
今回は陰陽マーク、知人から結界が発生する素晴らしい紋様だからスマホに貼る事を勧められたが、貼る前に測定。
大中小と三つあるものの中で、大サイズが劣化していた。過去の実験で形やシンボルにも固有の周波数がある事を発見して、科学論文になりえる科学的課題をみつけた。「浄化」をテーマとして、劣化したものにフラワー・オブ・ライフとRIFE REMEDY で手当てした結果は?

この動画をご覧になり、装置と装置の成果物である波動水や遠隔共鳴においても、周辺の場の影響次第では劣化と浄化を繰り返すようだ。従って、波動水をつくった場合、すぐ飲むか、置き場所に注意が必要という事がよくわかった。

小川陽吉責任編集