大変烏滸がましいですが、私小川陽吉は仏ウィルス学者で、ノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ博士を支持します。というのも、武漢コロナ問題や、波動水、レメディーの効能と次々発表する内容がまさに私がRIFE REMEDYや当サイトで発信している内容と等しいから。さらに波動水が体に大変良い影響を与える事を証言してくださっている事です。支持というのが烏滸がましいという理由として、モンタニエ博士はパスツール研究所(※本部先生のRIFE LIFE発表会動画をご覧ください。批判しています)の名誉教授ですが、実質パージされている。日本ではオカルト学者と揶揄されている。だから支持したいのです。世界でも日本でも批判しているのは医療利権村の連中と思われるからです。

yahooニュースのリンク
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200422-00174202/

IHM総合研究所のリンク

リュック・ モンタニエ博士の 「水によるDNA 情報の記憶」実験

電磁波信号EMS(RIFE REMEDYやRIFE LIFEの周波数にあるもの)が水に転写されるのは、「DNA情報として転写される」「DNA情報は再物質化される」と実験を通して論理的に説明し、レメディーの効果にも言及しています。

翻訳不可の動画は以下です。


興味深い実験です。水へ情報を転写する話です。DNA情報を電磁波にして水に当てることで希望の同じDNAを別の場所に再現できてます。
これを見ると正にRIFE LIFE/RIFE REMEDY の遠隔や、電子水と同じ。必見です。

水は分子の性質の記憶を保持する能力を持っているでしょう。
この物議を醸す理論のおかげで、アルツハイマー病、パーキンソン病、自閉症、HIV、さらには癌さえも治療できるとしたらどうでしょうか。と説明されてます。

まさにRIFE REMEDY、最も効率的に安価に「DNAを修復」する装置といえるのではないでしょうか。