昨年(2020年)6月にRIFE LIFEを持参納品した際、院長室でお話を伺った模様。
私自身何気なく神社で二礼二拍一礼しており、神社関係のWEBサイトでもそれでよしとされてはいるものの、何事も広く深い細川博司博士は、「戦後GHQが時短の為にそのように指示した」とう説を抜群の知性でご説明くださった。他に”陛下”の本来の意味や、そもそも神社の”参拝”は字が本来意味を成しておらず、”産拝”が正しいとも。話を戻して本来の医業に関しては、いかに現代の癌治療が治らないものかという自説をうかがった。RIFE LIFEは現在アプリだけの登録商標であり、本体はRIFE REMEDY®となっているが、この時期においては電極パッドだった事を会員の方々にはご理解いただきたい。

小川陽吉責任編集