石垣島に崎浜事務機器という歴史のある会社がある。その社長と会長がRIFE REMEDYの愛用者という事がきっかけで、崎浜家の5,000坪のジャングルと、全く別の場所にある6,000坪のプライベートビーチをご案内頂いた。敷地の大きさも圧巻だが、何より自然と人が完全に調和するよう会長が手入れを怠らない事。
一代で築いた資産を自然保護に費やし、今後は自然の恵を後世に残したいという事で、息子である社長には、「儲けないて良い、慈善事業をしてほしい」と念じ会社を託している。社長は今後の事業として「健康と美」をテーマに沖縄県の長寿が最下位になっている事を憂い、長寿の県として復活する事をミッションにしていた。医療効果を除く部分を【ダイジェスト版】として配信する。

小川陽吉責任編集