RIFE REMEDYは「波動水」と、「遠隔共鳴」を実現する事を目的とした装置である。今回は加藤健吾医師の方より、遠隔共鳴の効果をあげるためににまだ行っていない実験を実施するという連絡があった。杉山純夫医師の波動分析とともに動画に記録していただいた。
まだ行っていなかったことは、毛髪は一本でも共鳴する事は100%の再現性だったが、効果(治療効果=ハーモナイズ)をあげるためには、本数を増やしてみてはどうかという仮説の上臨床も行っていただいた。
もうひとつは写真。写真の大きさや部位によってどうか、これも過去の写真であってもマスクしていても共鳴する事の再現性は100%だった。しかし効果をあげる為にはどうすれば良いか?部位は?大きさは?仮説から行った実験結果は、効果をあげるのは、毛髪は複数本がよく、写真の部位は手が良い。という事が判明した。
最善は全裸の写真で背景を切り抜く。顔は化粧、メガネだけで情報が少ないという仮説は、波動分析で確認できた。
RIFE REMEDYをお持ちの方は必見。

なお、「RIFE REMEDYの使い方まとめ」は30分以内の会員動画として、小川の方で近々配信するつもりだ。

小川陽吉責任編集