銭湯もプールと同じく次亜塩素酸で消毒等規制がある。
そもそも銭湯は温熱療法であり、禊の場で、法整備以前から存在している日本の大切な文化だ。塩素消毒には肌の敏感な人にとってはデメリットもあるという事で水質改善の研究に没頭する銭湯オーナーを取材した。その銭湯は浅草で3代続く”富久の湯”という。研究者はオーナーの宮路さんといい、小川陽吉が密かに販売している波動装置RIFE REMEDYや、波動装置フォーラムを宮路オーナーが気に入っていただいた事がきっかけ。銭湯の水質改善は、知る人ぞ知るテネモス飯島さんの発見を大いに取り入れたもの。他に多くの波動装置を試した経緯と装置について、この動画をご覧になり、その技術にご関心を持たれた方は、富久の湯 宮路さんへお問い合わせください。
 〒111-0031 東京都台東区千束2丁目34−6営業時間外 ⋅ 営業開始: 15:45
 03-5656-3592

小川陽吉責任編集