徳川一橋家の御典医裔、1971年から独自の健康論・栄養論・教育論を研究する並河俊夫博士(哲学)を取材。小川陽吉は波動発生装置の発明と波動研究を行っているが、氣と波動は同義である事を前提に対談。スプーン曲げから始まるが、気功師にはお客の邪気を吸い、苦しい事が多々あるなど、現場主義の並河博士のお話は実績があるからこそ説得力も高い。また、ご本人世間的に高齢に差し掛かるのに至って健康元気というのも良い。
続編は江戸から令和までの歴史観について配信する予定。

並河式ホームページ

http://www.nami-switch.com/index.html

小川陽吉責任編集